金融電卓  →  株式と債券

1株当たりの希薄化後利益

希薄化後1株当たり利益、または希薄化後1株当たり利益は、その会社の純利益をその平均株式数およびその他の転換商品の合計で割ったものです。

1株当たり純資産、BVPS

1株当たり純資産額の計算式は、普通株主に利用可能な資本に基づいて会社の1株当たりの価値を計算するために使用されます。 「帳簿価額」という用語は、会社の資産から負債を引いたもので、株主資本、所有者資本、株主資本、または単に資本と呼ばれることもあります。
new

1株当たり配当金、DPS

1株当たり配当金(DPS)の計算式は、支払済み年間配当金を発行済み株式数で割ったものです。

エクイティ乗数、EM

エクイティ乗数は、資産を購入するための会社の債務の使用を評価する財務レバレッジ比率です。
new

キャピタルゲインイールド

キャピタルゲイン利回りの式は、株価の上昇のみに基づいて株式の収益率を計算するために使用されます。キャピタルゲイン利回りの計算式には、配当利回りを使用して求めることができる、株式に支払われた配当は含まれていません。
new

ビッドアスクスプレッド

ビッドアスクスプレッド式は、特定の投資の提示価格とビッド価格の差です。ビッドアスクスプレッドは、さまざまな投資に使用される可能性があり、主に取引所で売却される投資に使用されます。

債券相当利回り

債券相当利回り式は、割引またはゼロクーポン債の年間利回りを決定するために使用されます。

優先株式、PV

優先株式は、普通株式に支払われる配当の前に配当を提供する種類の株式です。

収益対価格比、P / E

株価収益率は、会社の株価が会社の収益と比較して価値があると市場によって認識される方法の簡単な計算として使用されます。
new

帳簿価格への価格、P / BV

株式の売却価格に対する、普通株主に利用可能な会社の純資産を比較するために使用されます。

成長ゼロの株式の現在価値

成長率がゼロの株式の現在価値の計算式は、1期間あたりの配当を1期間あたりの必要収益で割ったものです。

推定収益、EE

見積収益の計算式は、売上予測から費用予測を差し引いたものです。

現在の収量

現在の利回りは、(元の価格または額面とは対照的に)年間クーポン支払額と現在の価格に基づく債券の年間収益です。

販売価格に対する価格、P / S

P / S比と呼ばれることもある価格対売上高の比率の計算式は、会社の収益と比較した、市場での株の評価額です。

資本資産価格モデル、CAPM

資本資産価格モデルは、リスクのレベルに基づいて証券の期待収益を計算する式を提供します。

配当利回り、DY

配当利回りの計算式は、配当のみに基づいて株式の収益率を計算するために使用されます。